就業規則

HOME

事務所案内

業務内容

料金システム

就業規則

助成金

医療労務

お問い合わせ


当事務所は、SRPⅡ認証事務所です。

全国社会保険労務士会連合会

社会保険労務士会連合会の認証基準による個人情報保護に関して高い意識を持って取り組んでいると判断された事務所には認証番号とSRPⅡマークが付与されています。


当事務所は、サイバー法人台帳「ROBINS」に登録しています。

ROBINS掲載事業者

当事務所は、サイバー台帳ROBINSによる経営労務診断サービス(企業の労働環境や労働条件等を客観的に診断)への積極的な取り組みを通じて、企業の労働環境の改善点を共に考えるとともに、企業の労務環境における優位点を広く世の中に発信することで、企業の信頼性の向上に寄与する活動を推進致します。

就業規則とは

  常時10人以上の労働者を使用する使用者は就業規則を作成し、労働者の代表(当該事業所の労働者の過半数で構成された労働組合または過半数労働者から選任された代表者)の意見を聴いて、所轄労働基準監督署に労働者代表の意見書を添付して届け出ることが、労働基準法により義務付けられている(第89条、第90条)。作成時だけでなく、変更した時も同様。この「10人以上の労働者」には、正社員(管理職を含む)だけでなくパートタイマーやアルバイトなども含む。また、労働者が10人に達したときも作成届出の義務が生じる。作成は企業単位ではなく、事業所ごとに作成する必要がある。
(wikipdia参照)

就業規則は厳格に

  就業規則は会社の憲法であり、ルールブックです。
  就業規則が以下のような内容である場合は見直しが必要です。

  • 知り合い、他社の就業規則を参考にして作成されたもの
  • 「モデル就業規則」を参考にして作成されたもの
  • 長年見直しをしていない、金庫の中
  • 法律改正に対応していない

また、些細な文言の違いにより、トラブルが発生する場合があります。
(適用範囲、使用期間、懲戒事由、服務規程、配置転換および出向 etc.)

お問い合わせ